読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転職道!~とある若手キャリアアドバイザーのブログ~

人材紹介会社にて営業とアドバイザーを両方担当するアラサー男子のブログ

業界研究 紹介会社の営業ってなにしてんねん②

前回の記事の続き。

 

 

 本日は人材会社の営業の仕事紹介第2弾として、

 

②自分の会社内で登録者者に求人を紹介

 

についてお送りします。

 

前回の記事はこちら↓

sho-jinzai.hatenablog.com

今回は求人をもらったその後について。

 

会社に帰ったら、ヒアリングした情報をもとに求人を作成。

そして求人を作成したら、まず最初に登録者担当であるCAさん(キャリアアドバイザー)に求人を紹介する。

 

CAさんについては別の記事で詳しく書くけれど、転職の相談にいってカウンセリングをして、その人に合った求人を紹介するのが彼らの仕事。

 

つまり、面談した方に求人を紹介してもらうためには、彼らにまずは求人を知ってもらわなければいけないのだ!!

 

 

彼らはRA(企業担当)とは別の机に座っていることが多い。

作成した求人のコピーを持って行って、

 

「20代の営業経験者探してます!」なんて声かけると、

 

「こんな人と今日会うよ~!」

 

なんて返してくれるので、求人を出している会社の魅力と、その求人の魅力を彼らに伝えて、「この求人をなんとか紹介してください!!」と伝えるのが RAのお仕事。

 

CAさんももちろんいい求人を紹介したいから、

 

「残業はどれくらい?」

 

「部署の雰囲気は?」

 

「女性の産休取得率は?」

 

なんて結構細かく聞き返してくる。

 

はじめのうちは、ヒアリングの際に聞き漏れとかが結構あって、

 

「すいません!!すぐ確認します!!」

 

なんてことがよくある。

 

それにCAさんもあまたの求人を何人ものRAから紹介されるものだから、埋もれてしまわないようにしっかりと求人の魅力を伝えなければならないのだ。

 

さて、今回は無事に求人が紹介された体で話を進めていきますw

 

紹介された後は、CAさんが候補者のレジュメをRAに送ってくる。

 

RAは上がってきたレジュメを確認して、その求人に応募する資格があるかを確認し、問題なければ、企業にメールで送る。

 

さて、送られたレジュメを見た企業の反応やいかに・・・。

 

 

ちょっと早いけれど今回はこの辺で