転職道!~とある若手キャリアアドバイザーのブログ~

人材紹介会社にて営業とアドバイザーを両方担当するアラサー男子のブログ

人材はブラック!?就業実態について

ワタナベです。

 

電通の過労死事件から、ワークライフバランスが一層声だかに叫ばれてますが、我々の業界はどうでしょう。

 

私が大学生だった2010年代前半。

人材と言えば「ブラック」の代名詞でした。

 

給与はともかく、残業がやたら長いという印象で、就活を少し意識し始めた大学2年くらいの時は「絶対人材なんかいかんわ」と言ってたのを覚えてます。

人生なかなかブーメランなことが多いですね笑

 

 

 

ーーーーー「昨日◯◯◯◯◯から、夜の9時半くらいに電話で選考通過の連絡来たけど、『こんな時間まで働いてる会社で働きたくありません』って辞退したわぁ(ドヤァ)」

 時が経ち2014年、春。

発言主は僕の大学で一緒に就活してたS君。

 

 

最大手でこの残業時間…恐ろしい…

 やはり人材はブラックなんや…って思ってました笑

 

 

 内定先でも、人事に

「実際どうなんですか!?」

 

ってよく聞いたり。

 

「みんなメリハリつけて早い時は6時に帰ったりしてるよ〜」

なんて言われてたわけです。

 

実際に入社してみると一年目のはじめの頃はは21:30終わりが毎日続くような感じでした笑

 

騙しやがったなこのヤロー!

ちくしょう転職だ!なんて思ってました笑

 

しかし、半年も経つと仕事のコントロールができるようになり、18時帰りもできるようになってきました。

 

 

今は週2.3は18時〜19時には帰ってます。

また最後(21時30分は自分的な最終デッドライン) までいるのも週1程度。大体20時に帰ってます。

 

他の会社はというと、大手にいる知人に聞くところによれば、

 

リクルートキャリア

⇨22時に電気切れる。また、残業時間も年間で決まっており、それを超えると強制定時退社。

 

インテリジェンス

⇨20時にパソコンシャットダウン。以降の残業は上司に申請

 

 だそうです。

 

昔に比べると確実に残業は減少傾向のようですが、やはりそれでもお仕事終わりの人と面談するので、遅くなるのは避けられないのかもしれませんね笑

 

人材志望の人はご参考にどうぞ!

他に詳しい話を聞きたい人はコメントくれると嬉しいです。