特に特徴がない

大手転職エージェントで働くごく普通の20代の雑記

MRという生き方

「MR辞めようかなって思ってる」

 

少し前に知人から相談を受けた。

 

正直なところ、彼は同世代の一般的なサラリーマンからすると恵まれすぎているくらい恵まれている。

 

家賃13万のうち10万くらいは確か会社持ちだ。

車も支給されている。

彼は東京勤務という数少ない"選ばれしもの"だった。

(彼の同期は長野など、全くゆかりのないものが20代を過ごすにはあまりにも過酷な土地に配属されていた)

 

月収がただでさえ高いのに、平日には月収とは別途日当を3000円もらっている。

 

それだけあれば慎ましく過ごせば1週間生きていける。

 

そんな彼が転職を考えている。

 

彼の気持ちはよくわかった。

 

最近ちらほらとそういう人が増えている。

 

最大手の会社でも、50までMRを続ける自信がないと相談に来る方が多い。

 

結局ほとんどの人は現在の高すぎる年収を手放せず、転職を断念するのだが。

 

しかしそんな中でも将来のためと年収200万下がってでも転職を決意した人がいる。

 

200万のダウンは相当な恐怖だと思うが、私は彼らの判断は正しいと思う。

 

MRという仕事は、いつまで残るのか。

年々MRは減少しており、今年は400人ほどが減少したという。

 

出展

https://googleads.g.doubleclick.net/pcs/click?xai=AKAOjsuPTs7gAvu6CKTFeEFpD3IdgS0jdF51yl2rm2xph6q10cdT3HojfItPDp3K0pZloAExlajvqxVsy9Vn_nU09xu8WXPJYcisO6mWxmLmuZRAE4sp-ajCIyCs97CvNU_UlrSjobN0M-lc2rCDpaLW-qfvp6U_54iU8rxBUBml5sx1q1EXyozUCOdBB2LsRoPQKH1PyIF-g6auZgUmDEMSAOUzPzj_uQGPTiI48U_Ea3-hsw9-Cg4f&sig=Cg0ArKJSzGhrtSVGuMy5&adurl=https://www.mixonline.jp/career/tabid/195/Default.aspx&nm=1&nx=228&ny=76&mb=1&clkt=1

 

国内の製薬メーカーも新薬が出せずに45歳以上を早期退職として社外に出している。

 

上に上がらなければ50以降会社にはいづらい環境だ。

 

新薬が出ないというのはどの会社も共通している問題だ。

 

冒頭の彼も「新薬が出ない、自分より売ってないおっさんが給料高い」ということに不満を抱いていた。

 

彼はいずれどこかに移るのではないかと思っているが、今の年収を振り切れるかどうかが鍵だと思う。

 

高収入であるということは、選択肢を狭める。

この鎖は断ち切り難い。

口では下がっていいというが、トータル150万円近く下がるだろう。

生活水準が変わることに本当に耐えられるかどうか。

 

家も今より狭くなるし、立地も悪くなる。

ご飯もランクが下がる。

車もない。

転職しない理由はいくらでも見つかる。

 

MRのように特殊な営業は30〜35くらいまでがキャリアチェンジの境目といえる。

 

それまでに脱出する勇気があるかどうか。

 

今後の業界動向が気になるところである。