特に特徴がない

転職★バスター★メガネ

某大手転職エージェントで働く筆者が考える未来とキャリアにつ関する話

【考え方】飽きっぽい人はとりあえず動画作成でもはじめてみたら?

諸事情により動画を作成することになり、

今回人生で初めて動画の編集というものに挑戦してみた。

 

完成したものは諸事情につき公開できないが、

動画を作るのってめちゃ楽しい!! 

 

ブログを始めたときと似たような感覚だ。

 

ブログについていえば日々書きたいことはあるんだけれど、

言語化できなかったり、書こうと思って忘れたり、

「こんなん誰が読むんだ」

とか、

「こんな当たり前のこと書いてもおもしろくねーな」

と、心のストッパーがかかってしまいかけないことが多い。

 

しかしながら、この動画を作るという作業は超自己満のためにつくるので、

あれこれ考えながら作るのが思ったより楽しいのだ。

 

私はかなり飽き性な性格のため、

すぐに物事をほうり出してしまうことのだが、

直感的におもしろそうだと感じることは結構長続きする。

 

今回も知人の誘いがなければ挑戦することはなかっただろう。

感送迎会とかでムービー作れるヤツすげーなーなんて思っても、

自分ではなかなか手を出せなかった(だしづらそうだった)しね。

 

やっぱり何でもまずはイエスマンの精神。

”とりあえず”やってみれば結構面白いよなんでも。

 

 

飽きっぽい人は特にそうだね。

 

飽きっぽい人って(自分もそうだけど)、

結構好奇心旺盛な人が多いと思うのよね。

 

でも、意外と腰が重い。

理屈こねてやらないんだよね。

 

自分もいくつ挑戦せずに終わったことか。

ボクシング、ダンス、ドラム…

 

でもこれって飽きっぽい人に限らないかもしれない。

人って危機感とかかなり強制感がないと、

よほどのことがない限りは普段とは全く違う世界に足を踏み入れたがらないからね。

 

でも、やっぱり改めて今回やってみないと面白さがわからないことってまだまだあるなと感じた。

 

好奇心ととりあえずの行動力は引き続き保っていきたいところである。

 

最後にこの話と関連する、仕事における私のモットーを載せておく。

 

”Done is better than perfect"”

"完ぺきを目指すよりまず終わらせろ"

Facebook CEO Marc Zuckerbarg

 

準備が万端になる前にまずは行動していきましょう!!