特に特徴がない

転職★バスター★メガネ

某大手転職エージェントで働く筆者が考える未来とキャリアにつ関する話

【1日2時間の確保】朝活の効果について

社会人2年目の終わりくらいまで朝型人間だった。

朝の7時には出社し、誰よりも早くオフィスに来ていることに優越感すら感じていた。

今思うと完全に自己満足なんだけれども。

 

しかしここ最近まったくもって朝起きることができなくなってしまっていた。

完全に怠惰でしかないのだけれど、出勤の直前まで寝てしまうという状況が続いていた。

 

惰眠をむさぼっても日中眠いことに変わりはない。

それもわかっているのだが、起きれない気持ちは皆さまなら理解してくれるだろう。

 

そんなわけで朝活を行うことに決めた。

実は本日でまだ2日目なんだけれど。

7:30くらいからスタバに"出勤"している。

f:id:shohei-yokohama:20180814091809j:image

 

朝活の内容としてはブログ編集などに充てている。

 

2日目だけれど今のところ感じているメリットを書いていきたい。

 

1.集中できる

何かをまとめる作業だったり、書く=クリエイティブな作業においては、

夜よりも高い集中力で取り組めている気がする。

 

夜は夜で確かに作業はできるのだが、仕事の疲れなどもあり、

なまけ心が出てきてしまったりもする。

 

朝はそういう意味では一度起きて作業についてさえしまえば、

非常に物事がはかどるのだ。

 

2.後でやろうとしていたことをやれる

夜だと「明日やろう」になってしまいがちなタスクも、

朝のうちに済ましてしまおうと思って取り組める。

 

3.時間の有効活用感を得られる

少し眠いという布団でのあの時間さえ乗り越えられれば、

非常に有意義な時間を得られていることは間違いない。

 

4.夜早く寝られる

昨日は疲れからか23時には就寝していた。

いつもならだらだらとマンガ読んだりしてしまうのだが、

結局次の日にそれが響いてしまう。

 

朝から全力を出せば夜は寝るだけという人間本来のリズムで、

生きることができるのだ!

 

まとめ

f:id:shohei-yokohama:20180814091654j:plain

何のまとめだよって話だけれど、

もし平日が大体20日くらいだとすれば、朝2時間の活動を継続できれば、

月間40時間の時間を生み出すことが可能だ。

 

この時間を有効活用して人生に役立てたいと思う。