特に特徴がない

ローマ人的生活を目指して

ローマ人的な生活を目指して/働き方/転職/副業・複業/独立/その他諸々

【仕事ばなし】2年目で1500万円もらった男の絶対に達成できる思考法とは!?

高校時代からの知人の誘いで釣りに行くことになった。

 ãè¹é£ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

※画像はイメージ

 

彼は現在Web系の企業(みんな名前知ってる)に勤めているのだが、

彼の同僚も同行することになった。

※2019年12月現在彼は退職済み 

 

そこで来たのが今回の話の主人公Tさんである。

 

Tさんの前職は、世間一般的にはその社名を聞くと”ブラック”と言われる、

OA機器、通信回線の卸売り企業だ。

世間では光の戦士とか呼ばれている。

 

早い人だと入社した昼には消えている。

全く生きている世界が違う。

 

彼はそこで7年間勤めあげた。 

 

仮に転職の面談に登録に来たら、

「7年間も生き残るはすごい人と面談します」

なんてちょっとした話題になるだろう。

 

初めて会ったのは釣りの日ではなくその数日前のとある水曜日。

事前に釣りに行くメンバーで8人ほどで飲み会をすることになった。

f:id:shohei-yokohama:20180704170324p:plain

 

初めて会った時の印象は”少しイカツイ”くらいでだった。

話し始めると快活で非常にさわやかな印象だった。

 

自己紹介の際に現職、そして前職の話になるのだが、

前職の名を知っている人は一気にその場で食いついた。

 

もう質問の嵐である。

 

「ネットに書いてあることってほんとですか!!」

 

よく聞かれるのだろうか、

主なストーリーを教えてもらう。

 

いったいどのようなことがあったかというと

・社歌を歌いながら走る合宿

・”目標必達”と書かれた鉢巻を付けて仕事をする

(先輩は●●上等と書いた学ランを着て仕事をしている。)

・目標を達成しているのに詰められる(同様の話は以前の話に出てきた元証券営業マンからも聞いている。彼も全国4位だったのに未達ばりに詰められたとのこと…

 

sho-jinzai.hatenablog.com

 

・みんなの前で罵倒されるは日常茶飯事

・電車乗ってて遅刻しそうなとき「電車ん中でも走れよ!!!」

 

彼の語り口もありこちらとしては本当に面白い話だったが、

実際その現場に居合わせたら、

とてもではないけれどやっていけないだろうなと思った。

 

しかし、彼は「最初の会社がここでよかった」と言っていた。

 そこに迷いはない。

 

仮に自分が行くかって言われたら、

その会社へいくのはちょっと…だが、

営業として絶対に達成するというマインドを持って仕事をし続けるという点では、

そのような厳しい環境に身を置くことで逸材になるのは間違いないなと感じた。

 

 

達成しても

「100%達成で満足してんじゃねーよ!!!

 120%達成でいけよ!!!」

 

達成しなければ

「達成はマナーなんだよ!!!

 あと3日あんだろ!!!

 どうやって達成するか考えろよ!!!」

 

なんて罵倒されるらしい。

 

こんな環境でずっとやってきたら、

他の会社に行っても”達成は当たり前”という意識はずっと残るだろう。

 

 

昔読んだこの本にも”達成が当たり前という環境に身を置く”ことで、

絶対に達成ができるようになるということが書いてあった。

絶対達成マインドのつくり方――科学的に自信をつける4つのステップ

絶対達成マインドのつくり方――科学的に自信をつける4つのステップ

 

 もちろんマインドだけでは達成できないが、

 

”そんな高い目標無理に決まっている”

という風に入ってしまうところを、

 

”これだけの期間にこれだけ売るためには、

 どのような戦略で行くか?”

という風により生産的に考えられるようになる。

 

少し話がそれるが、

この本は2年目でずっと苦しんでいた時に読んだ。

しかしながら、真の達成マインドを得ることができたのは、今年に入ってからだと思う。

 

今の会社は正直なところ”絶対必達”みたいなのはあまりない。

それゆえ4半期外してもそこまで危機感を抱くことはなかったが、

自分で周りに比べ市場価値のなさを痛感した時に、

初めてこの考え方を実感するに至ったのだった。

 

???『言葉ではなく心で理解したッ!』

 

 

sho-jinzai.hatenablog.com

※その時の話は上記エントリーに書いてます。

 

 

話を戻すとこんな罵倒に耐えられないと思うが、

彼も彼でこういうやりとりを楽しんでいたそうで、

「怒られているときも、きっとみんなに気合を入れるために、

 あえて大勢の前で怒っている」

なんて風に上司の意図も理解し阿吽の呼吸で仕事していたとのこと。

 

反対に上司と同じ立場になったときは、

同じように考えながら仕事をしてきたらしい。

 

彼の年収は2年目で1500万になり、

インセンティブでかなりの金額を稼いでいたようだ。

(もっとも1500万だったのは2年目だけで、それ以降はちょっとづつ落ちたとのこと。

 それでも同世代のなかでは十分すぎるくらいもらっている。)

 

このように厳しい信賞必罰の中で生きてくると、

今のWebの会社は少しぬるいと感じるそうな。

 

似たような話を業界最大手のR社に勤める知人からも聞いたことがある。

R社は2回四半期目標を外すと相当居心地が悪くなるらしい。

 

と、いうこともあってみんな1回外しても2回目は全力で取り返しに来るらしい。

そういうこともあって2回外す人はほどんどいないとのこと。

 

また、「毎日鬼のように働く今の環境が苦しい…」と思って、

メーカーの営業に転職(やはり元R人材ということもあり最大手のメーカーに転職している)した者も、

「楽すぎてつまらん」

といって、結局、就業後にアルバイトかなんかで働きに来るそうだ。

 

 

Tさんに話を戻すと、彼の現職は実は前職の先輩から誘いを受けて転職してきたらしい。

 

配属先はもちろん元先輩のチームで、

そこまできつい詰めがない同社の社風にあっても、

そのチームだけガンガン詰められるらしく、

●●●〇〇〇〇支店(●は前職名○は現職名)

なんていう風に言われて異彩を放っているようだ。

 

そんな感じで(現職でも)厳しく働いているが、

優秀な人はどんどん新しいステージに呼ばれるのだろうなと感じた。

 

余談だが私の高校時代の知人も色々なところから声がかかったりするとのこと。

自分から仕事を取りに行くというのもあるけれど、

「仕事から来いよ」

という風に行ける人もいるんですねぇ…。

 

現職で成果を出すことは今の会社にいても、

外に行っても良いお話しに巡り合える。

 

そんなある意味当たり前ではあるのですが、

生き残っていく思考法を彼から感じ取ることができたのでした。

 

【まとめ】

・厳しい環境に身を置き、成長を続けよ!

 それができなければ危機感をもって今の仕事に取り組め。

・達成はマナー。上を目指し続ける!!

⇒どこに行っても通じる人材に。

 現職でエースであり続けること。

・成績だけでなく、「こいつと働きたい」と思わせる、

 ある種の人懐こさ?

 

 今読んでいる下記の本でも似たようなことが書いてありました。

またまとまったら記事にします。

 

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

 

 

 

【転職ばなし】ベンチャーの連絡スピードはめちゃ早いし情報量も多い

こちらの記事は2018年に書いた記事のリライトです。

 

元々いたパソナという大手の企業。

基本企業様とも転職希望者ともやりとりはメールのみでした。

 

1回目の転職をしてからslackとメッセンジャーを使うようになりました。

圧倒的に連絡のスピード感が上がりました。

 

元々メールの返信も早いという自負があり、常にメールフォルダには何も残っていない状態を作っていたわたし。

 

slackに変わってからは入ってくる情報量が多く(最大で60chくらいあった)初めのうちは処理できませんでした。

 Slackを使ったことない方にわかりやすくすると、LINEグループみたいなイメージでしょうか。

 

そこにどんどんとメッセージが投稿されてくるのです。

 

考えてみてください。60もLINEグループがあって常にどこかしらから連絡が来ている状況です。

 

おまけに、社外とはFacebookメッセンジャーを使用することが推奨されました。

 

社内はSlack、社外はメッセンジャーと連絡チャネルが多く混乱状態でした。

 

しかし、慣れてくるとslackもメッセンジャーも非常に楽で、メールのみの時代に戻れないです。

 

エージェント時代は電話をしょっちゅう使っていたのですが、このやりとりに慣れるともはや電話に出ることが億劫になってきます。

(出ますけれど)

 

大手▶︎ベンチャーの方にはわかりみが深い内容だったと思います。

ベンチャーに転職すると小さいかもしれないですけれど、こんな変化もありますよとういう話でした。

 

 

【転職ばなし】ベンチャーの連絡スピードはめちゃ早いし情報量も多い

元々いたパソナという大手の企業。

基本企業様とも転職希望者ともやりとりはメールのみでした。

 

1回目の転職をしてからslackとメッセンジャーを使うようになりました。

圧倒的に連絡のスピード感が上がりました。

 

元々メールの返信も早いという自負があり、常にメールフォルダには何も残っていない状態を作っていたわたし。

 

slackに変わってからは入ってくる情報量が多く(最大で60chくらいあった)初めのうちは処理できませんでした。

 Slackを使ったことない方にわかりやすくすると、LINEグループみたいなイメージでしょうか。

 

そこにどんどんとメッセージが投稿されてくるのです。

 

考えてみてください。60もLINEグループがあって常にどこかしらから連絡が来ている状況です。

 

おまけに、社外とはFacebookメッセンジャーを使用することが推奨されました。

 

社内はSlack、社外はメッセンジャーと連絡チャネルが多く混乱状態でした。

 

しかし、慣れてくるとslackもメッセンジャーも非常に楽で、メールのみの時代に戻れないです。

 

エージェント時代は電話をしょっちゅう使っていたのですが、このやりとりに慣れるともはや電話に出ることが億劫になってきます。

(出ますけれど)

 

大手▶︎ベンチャーの方にはわかりみが深い内容だったと思います。

ベンチャーに転職すると小さいかもしれないですけれど、こんな変化もありますよとういう話でした。

 

 

早期退職の裏側で、会社に残れる実績を持つ人がいる事実

「早期退職をしても残れる人がいるんだよな」

当時の上司の言葉が早期退職について話しをしていた時に言った言葉です。

 

早期退職になる人が多数いる一方で、会社からも「辞めないでほしい」と言われる方もいるわけです。

 

ちなみに、2019年は上場企業の早期退職募集の募集数1万を超えました。

 

しかも、企業の業績悪化が原因ではないのです。

むしろ業績の良いうちに「コスト」となる社員を整理するための早期退職です。

 

「いてもいなくても変わらない人」になってしまうと、30-40の働き盛りに自分の仕事を失ってしまうかもしれません。

 

早期退職にまつわる話を一つ。

 

1社目のパソナで、わたしはヘルスケア領域(製薬、医療機器、ヘルステックなど)の転職希望者を中心に、転職のご支援をさせて頂いておりました。

 

「前職の同期が転職先を探しているので藤本さん、はなしをきいてもらってもいいですか?」

 

そう言ってご紹介いただいたのがAさんでした。

AさんはMR(医薬品の営業職)として、40手前で1000万円を稼いでおりました。

 

Aさんの会社で早期退職が始まりそうとのことで、一足早めにご相談に来て頂いたのでした。

 

「年収を下げずに、持ち家のある都内で働きたい」

 

そのようなご希望を頂きました。

過去に表彰の実績もあったAさん。

 

しかし、担当していた製品領域が「わざわざ中途採用をしない領域」だったことに加えて、MRが減少しているこのご時世、彼の希望に合う企業は皆無でした。

 

徐々に焦りを感じてきたのか、初回の強気な態度は徐々に無くなってきました。

 

段々と希望する年収は下がっていき、勤務地の縛りもなくなっていきました。

 

結局3ヶ月かかり、最終的に職を得ることができましたが、年収は半減し勤務地も都内ではないところになりました。

 

改めてこの話でお伝えしたかったことは、早期退職になると働き盛りにも関わらず突然年収が半減するという現実。

 

そして、自分が早期退職を受ける側にならないために若いうちから頑張っておかないといけないということです。

 

他の人に代替されないようなポジション、仕事を心がけていきましょう。

 

【転職ノウハウ】眼鏡の人はコンタクトに変えると良いかも

眼鏡の人はコンタクトレンズになると爆発的に印象が良くなることがあります。

 

以前支援をさせていただいた方で、黒縁のメガネをかけていた方がいました。

研究職の方で整髪料もつけていない伸びた髪型。

黒縁のメガネとの組み合わせで「暗い」印象を与える方でした。

 

実際話してもボソボソとお話しされるタイプでしたので、印象通りという感じでした。

 

いくつかの企業で面接に行きましたが、NGが続きます。

 

「ちょっと次の面接ではイメチェンしてみましょう」

 

「まず、髪を切ってきましょう。少し短めで、おでこが出る感じです」

「あと、コンタクトレンズワンデーのものに変えていただいて、面接だけでいいのでコンタクトにして行ってください」

 

「面接に意味あるんですかね」

と、言いたげだったのかもしれません。

一拍間を置いてから「わかりました」と彼は答えました。

 

そして迎えた面接当日

 

電話がかかってきてからの第一声は、

「今回結構話しが盛り上がりました。部屋に入った瞬間から、「証明写真の印象と違うね!」と言っていただいて、そこからうまく入れました!」

最後の「!」は入っていた気がするだけで、声のトーンはいつも通りだったのでした笑

 

ただ、いつもより手応えを感じていたことは、話ぶりからわかりました。

 

結果は…この会社では残念ながらNGとなってしまいました。

 

しかし、その後受けた企業で無事に面接通過となり入社となりました。

 

ちなみにこの方2年越しのご支援でした。

(1回目は活動したがなかなか通過せず「やっぱり時期を変えます」とおっしゃられて活動をやめられた方でした。無事にご希望だった関西から関東へのUターンを成し遂げられました)

 

面接では印象大事ですね。

 

と、いうわけで騙されたと思って、メガネをコンタクトレンズに変えてみてください。

心なしかいつもより自信を持って面接に行けるような気がします。

【転職相談】現職がぬるま湯(高級ではないが楽)だが転職した方が良いのか?

結論、5年後に後悔していないなら仕事をやめて別の道を探すべきだと思います。

 

今の職場や仕事で5年後どうなっているか?を考えてみてください。

それはワクワクすることですか?

 

私は転職して100%良かったと言えます。

 

ちなみにお伝えしておくと、次の転職先では一度死んでますが、結果的にとてもいい経験をしたと思っています。

 

===

「現職がぬるま湯に感じる」

これは、私が社会人2−3年目の頃に思っていたことです。

3位止まりの私がいうのもなんですが、売上が未達でも特に詰められたりはしない環境でした。

体育会系ではなく、理性的な良い環境だったとも思っています。

 

当然達成していれば文句は言われません。

達成率が高ければボーナスも3桁近くもらえていたので、とても良い環境でした。

 

しかしながら、働いているとふと思うのです。

 

「このままでいいのかな」

「毎日同じことの繰り返しだな」

「ぶっちゃけ仕事飽きたな」

 

そこそこの成績だったので、もう少し頑張らないと10年後はどうかわかりませんが、ある程度までは行くだろうなと思っていました。

 

しかし、私も1年目に経験していたのですが、全国転勤があり、またいつか職場が変わる可能性がありました。

 

「自分で自分の住む場所を決めることができない」

これはとても苦痛でした。

 

また、当時はエージェント業に飽きを感じていました。

やりがいを感じる瞬間はもちろんあるのですが、ある程度慣れてしまっていたのです。

 

また、転職エージェントの仕事は、大枠では年数が経っても仕事内容は変わりません。

(ヘッドハンターとかになるとまた別の世界だと思いますが)

 

なんとなくこの先が見えてしまったような気がして、モヤモヤした日々が続いていました。

 

そんな私が変わるきっかけは、とある企業からのスカウトメールでした。

自分の「市場価値の低さを痛感」し、そこから仕事への取り組み方を変えることで、全社で3位まで行くことができました。

自分で言うのもなんですが、3位というのがリアルですね…。

 

この辺りのお話は別の記事でお伝えしたいと思います。

 

とにかくお伝えしたいことは、

「みんなにとって良い職場が、あなたにとって良い職場とは限らない」

と言うことです。

 

自分の仕事に違和感を感じたら、そのまま耳を塞がないでください。

後になってからでは遅いのです。

【転職相談】会社の雰囲気に合わない人は勤務地を変えるか会社を変えよう

「会社の雰囲気に合わない」

もう少し細かくみていくと、転職の相談でよく聞くのは。

・締まるところが締まっていない仲良しこよしな会社(なあなあに進むことが多い)

・みんなが会社の不満ばかり述べている会社

・人の噂・悪口ばかり言っている会社

・体育会の雰囲気

・ロジカルすぎる(コミュニケーションが希薄)

・同僚同士が引っ張り合う(競争意識がつよい)

年功序列が強く新しい提案がしづらい(柔軟性がない)

・会社が若い(落ち着いていない)

・飲み会でみんな毎回同じような話をしている

・仕事に本気な人が少ない

・まったりした雰囲気である

 

今いる人たちが出している「雰囲気」は、「会社の雰囲気」なのか、「今いる部署や支店の雰囲気」なのでしょうか?

 

会社の雰囲気であれば、変わるのはトップが変わって強烈な改革をするとかでなければ難しいでしょう。

 

それか、あなたが先頭に立って変えていくということも考えられます。

とは言え、そんなことができる方だったらとっくにしていると思います。

”いますぐ”変えたい場合は、人事部なり上長なりに相談して異動の打診をしてみることは手です。

 

実際、私の1社目の会社で毎日しんどそうに仕事をしていた同期が、部署が変わって生き生きと仕事をするようになったということもありました。

 

 

さて、問題は今の”会社の雰囲気”に合わないというパターンです。

つまり、どこの部署に行っても似たような雰囲気だったり、あなたの職種が今いる部署以外に存在しないパターンです。

 

上記の点で言えば、周りが30-40代が多い「居心地が良くて人が辞めない職場」の場合は、もう転職しかないでしょう。

 

しかし、流動性が高い職場であれば、2-3年後にはいる人が半分以上変わっているという場合もあります。

私の1社目の会社は、部署の半分以上は転職しました。

同期と1歳下に至っては、1名を除いて誰も残っていませんでした。

 

なので、自分がその職場のベテランになることで改善が見込めるのであれば、じっと耐えるということはありでしょう。

 

しかし、別の記事でもお伝えしたのですが、5-10年いてもワクワクしない環境ならば、外の世界を見るという選択肢はアリです。

 

転職してから、その職場の良かったところに気づくこともあります。

ただ、何回考えても良い未来にならないのであれば、職場、ひいては周りにいる人を変えることをお勧めします。